Home > お知らせ | 書籍 > 「例の件」で忙しいが、何とかやっている。

「例の件」で忙しいが、何とかやっている。

宮崎学である。

この夏は前半は異常に暑かったのに、後半は急に涼しくなったので逆にしんどかった。

組員は元気でやっていることと思う。

そして、山口組の分裂である。

離脱が表明された8月27日の翌28日は、1997年に五代目山口組の宅見勝若頭が射殺された日であり、ちょっと因縁めいたものも感じるな。

山口組では以前から執行部批判の怪文書がまかれたりと、いろいろあったのだが、離脱は現実的ではないと思っていた。

しかし、「盃返し」という最大のタブーをハラを括ってやったのであるから、見守るしかない。

ちょこちょことコメントを求められているので、覚えている範囲で挙げておく。

宮崎学が解き明かす山口組分裂の全真相(iRONNA)

山口組抗争「発砲」情報 絶縁処分の組関係先で2件 シノギめぐる攻防激化も(ZAKZAK)

週刊ポスト9/18号

あとは、最近さぼりがちだが、コリアンノワールの評論も書かせてもらっている。

ネタバレしないように書くのがけっこう難しい(^^ゞ

「宮崎学の「本当はおもろい韓国ヤクザ映画」」(R-ZONE)

週刊実話ザ・タブーと月刊日本も自分では楽しく書いている。

連休明けに発売予定の10月号では、「元少年A」を擁護してみた。

「週刊実話ザ・タブー」Vol.78 ※リンク先は「Vol.78」ですが、親分の記事が載るのは連休明け発売の「Vol.79」です(おつかい係)

月刊日本
月刊日本 2015年 10 月号(amazon.co.jp)

それから、佐藤優氏との対談を祥伝社から発売する。
平和なき時代の世界地図 戦争と革命と暴力
平和なき時代の世界地図 戦争と革命と暴力(amazon.co.jp)

これも興味深いものであった。

誰や、「新団体設立か」とか言うてるのは。

組員は買って読むように。

カネのない組員は図書館リクエストでもよろしい。

2015年9月16日 宮崎学

ホーム > お知らせ | 書籍 > 「例の件」で忙しいが、何とかやっている。

ページの上へ戻る