ホーム

宮崎学オフィシャルサイト

イスラム国について・他

イスラム国についてビジネスジャーナルに書かせてもらいました。

“暴力”と“権力”を知る作家・宮崎学が提言 “優しくない国ニッポン”のテロ組織との闘い方 | ビジネスジャーナル

現在発売中の「実話ナックルズ」で新刊についてのインタビューが掲載されています。

現代ヤクザの意気地と修羅場 現役任侠100人の本音(双葉社)

工藤會の組員逮捕について

おつかい係です。

最近の親分の記事です。

工藤會の組員逮捕について、DMMニュースのインタビューを受けました。

新たに組員9人逮捕…終わりなき“工藤會壊滅作戦”の余波 – DMMニュース

ライブドアニュースにも転載されています。

ヤクザの殲滅は無理…工藤会壊滅作戦が孕んでいる問題点とは – ライブドアニュース

でも、PVは相変わらずこちらが上のようです。

【工藤会壊滅作戦】「事務所の使用制限は憲法違反」作家・宮崎学の言い分 (2014年11月21日掲載) – DMMニュース

17日発売の日刊ゲンダイで紹介していただきました。

談合文化 日本を支えてきたもの (祥伝社黄金文庫) (amazon.co.jp)

「あとは、思い出したらまたアップする」そうです。

2015年2月18日 おつかい係 拝

川上徹氏のご冥福を心よりお祈り申し上げる。

宮崎学である。

1月2日に同時代社の創業者である川上徹氏が亡くなったと、同社より連絡をいただいた。

各位

同時代社創業者である川上徹は去る2015年1月2日、74歳にて永眠いたしました。

本人の遺志により密葬の儀を身内のみにて相済ませましたことをご報告申し上げます。

つきましては後日「お別れの会」を執り行います。

会の日程等につきましては改めてご連絡させていただきます。

ここに生前のご厚誼を深く感謝申し上げます。

 

株式会社同時代代表 川上(高井)隆

氏は、拙著『突破者 外伝――私が生きた70年と戦後共同体』(祥伝社刊)について「『死ぬ前に言い遺しておきたい』なんて冗談でしょう」と評してくれていたのに、先に逝ってしまった。

新年早々、暗澹たる気持ちである。

彼については、もっともっと書きたいことがあるのだが、まったく筆が進まないので、ひとまず告知だけとする。

遺作を改めて読んでみたいと思った。

戦後左翼たちの誕生と衰亡 10人からの聞き取り

 

2015年1月8日 宮崎学

ホーム

Feeds

ページの上へ戻る